鉱物としてのダイヤモンド

鉱物としてのダイヤモンド

女性を始め多くの人に人気とあこがれのある宝石のダイヤモンドですが、意外と鉱物としてのダイヤモンドの性質を理解している人は少ないです。ダイヤモンド買取サイトでは鉱物としての性質を紹介しているところもあります。この宝石は日本では4月の誕生石として有名です。硬度は10で現在世界中に存在する鉱物の中では最も硬いとされています。この名前はギリシャ語に由来しており、意味は征服し得ないものということから来ています。日本では金剛石と呼ばれていた時期もありました。

主成分は炭素でこれが宝石の結晶になるまでには、数百メートルもの深さの中で高温と高圧によって変化します。そしてそれに要する時間も10億年もかかるといわれています。原石の中で宝石になるのは10%ほどしかありません。また価値が高いとされている無色で不純物のないものはあまりなく、ほとんどが黄色や褐色といった色ついているものばかりです。従って宝石の言葉は清純無垢と永遠の絆となっています。結婚式でよく身につけられるのもこのことから分かります。最初にダイヤモンドが発見されたのは2000年以上も前のインドです。しかしこの当時ダイヤモンドの粉は毒であるとされていました。しかし一方では寿命を延ばす効果があるとされていました。

このように歴史のあるダイヤモンドは、悪いことを取り除いて病気や不幸から身を守ってくれ、未来を明るくするといわれていました。例えば心臓の近くに身につけると健康を守ってくれ、身につけているだけで忍耐力や礼儀正しくなるといわれてきました。戦場に向かう兵士のお守りとして利用されたこともあります。ダイヤモンドというと最近のイメージは結婚指輪ですが、その歴史は深いです。結婚指輪として使われるようになったのは、1477年にオーストリアのマクシミリアン1世が結婚する際にダイヤモンドの指輪を贈ったのが始まりとされています。このことがあって、ダイヤモンドを使った結婚指輪は愛と忠誠を約束するという意味を持ったものとなったのです。

その硬さから夫婦の絆が固くなるように導き、悪いことから妻を守という力があるとされています。このように結婚だけではなく恋愛関係の面でも、絆を深めて強いものにしてくれるといわれているので、恋人達はペアリングにもダイヤモンドを使用している人が多いのです。多くの人はその輝きときれいさだけに注目して身につけることが多いですが、鉱物としてのダイヤモンドにはたくさんの力があると昔から信じられてきたのです。

■おすすめサイト

信用、実績のダイヤモンド買取店はこちら

What's New

2016/07/22
ダイヤモンド買取の知識。保管方法と取扱いに十分注意することを更新しました

2016/02/03
鉱物としてのダイヤモンドを更新しました

2016/02/01
鉱物としてのダイヤモンドを更新しました

2015/12/21
誠実にお客様に対応や心身で丁寧な対応の店舗で行うダイヤモンド買取を更新しました

2015/11/04
鉱物としてのダイヤモンドを更新しました

2015/10/14
800度の熱で気化するダイヤはダイヤモンド買取店に売却が可能を更新しました

2015/09/09
ダイヤモンド買取の買取知識。カラーダイヤの賢い購入方法を更新しました

2015/09/09
鉱物としてのダイヤモンドを更新しました

2015/07/17
ブラジルのディアマンティーナで発見された宝石はダイヤモンド買取店に売れるを更新しました

2015/07/17
鉱物としてのダイヤモンドを更新しました

PRサイト

どこよりも高く買取、ダイヤモンド買取徹底比較サイト

ダイヤモンド買取電話・メール相談室窓口はこちら

お売り下さい。ダイヤモンド・宝石・ブランドジュエリー