ダイヤモンドの加工方法

ダイヤモンドの加工方法について

ダイヤモンドはジュエリーの最高峰であると言われています。まず、一粒の宝石を見つけ出すためには地下の奥深くより掘り出されます。大型トラック一杯に採取された石の中から取り出されるのはたった一粒のダイヤモンドであるという場合もあります。見つけ出された原石は、人の手により加工されてようやく宝石として価値が出ます。 ダイヤモンドの加工方法は特別な技術が必要です。その方法は専門的な技術を身に着けた職人たちの手により行われています。そんな加工方法について説明します。

まず、ダイヤモンドはとても硬い鉱物です。地球上に存在する鉱物の中で最も硬い鉱物であるという事で有名です。そんな硬い鉱物を削るには、同じ鉱物で削る方法があります。ダイヤモンドの加工の仕方は、専門のカットのバリエーションがありますので、それに伴い加工していきます。 ダイヤモンドの性質にはへき開成というのがあります。へき開成とは縦方向に割れる性質です。それを利用した加工の仕方が劈開加工です。まず、劈開加工を施してから研磨作業を行います。

原石の状態では大きくても、加工していく毎にどんどん研磨されて行きます。研磨するためには、同じ鉱物を粉末状にしたものを用います。 粉末の鉱物を使用しない方法としては、レーザー加工の仕方があります。それは特殊なレーザーにより加工する技術です。レーザーには様々な種類があるという事ですが、特に硬いダイヤモンドを加工するのに用いられるのはYAGレーザーと呼ばれる機器です。YAGレーザーは穴を空けたり裁断する時に用いられます。

他にも、イオンビーム加工という方法があります。こちらも特殊な加工技術ですが、表面を少しずつ削る時に用いられます。それらは科学的な技術を駆使して行われる方法ですので、宝石事態は夢のあるキラキラした印象ですが、加工方法はそれとは異なると言えるのではないでしょうか。 ダイヤモンドの加工方法はこうした専門的な方法を用いて人の手により一粒ずつ作り上げられていきます。ジュエリーショップの店頭に並ぶまでになるには、見えない所で長い時間と、数々の人による労力がかけられています。 最終的にジュエリーになるまでには、ジュエリーデザイナーの手によりデザインされ、そこからさらにデザイン画を元にしてジュエリーとして加工されていくのです。そこまでして、ようやくお客さんの目に触れる場所で披露される事になります。1つのジュエリーには沢山の努力が隠されています。

PRサイト

どこよりも高く買取、ダイヤモンド買取徹底比較サイト

ダイヤモンド買取電話・メール相談室窓口はこちら

お売り下さい。ダイヤモンド・宝石・ブランドジュエリー