ダイヤモンドを解析したら?

ダイヤモンドの解析について

ダイヤモンドは炭素でできており、天然では最も硬い物質とされています。ダイヤモンドを解析していくと、結晶構造はほとんどが8面体であり、まれに6面体や12面体があります。結晶の分子や電子が最外殻軌道にあり、対になっていない不対電子であるため、電気を通しません。地球内部の高温高圧の中で生成されるため、定まった形にはならず、カットする必要があります。カットされた宝飾品の形は、菱型、野球の内野、記号、スート(トランプの絵柄)などを指してダイヤモンドと呼ばれています。ダイヤモンドの性質では、屈折率が高いことがあげられます。屈折率は、2.42と高いために内部での反射が多くみらてます。ダイヤモンドのカットの一つであるブリリアンカットは、光の反射を見るとシンチレーション、ブリリアンシー、ディスパーションの3種類で相乗効果を生み出して、輝きを放ちます。

シンチレーションは表面反射による輝きであり、ブリリアンシーはダイヤモンド内部の光が反射して戻ったもの、ディスパーションはダイヤモンド内部の光が反射を繰り返して虹色に輝いたものです。他にも、ダイヤモンドの性質として劈開性、熱伝導性、親油性などがあげられます。一定の面に沿って割れやすい劈開性の性質があります。とても硬くて強いイメージがありますが、結晶方向や角度を合わせて瞬時に大きな力を加えることで壊れる可能性があります。また高い熱伝導性があり、原子の熱振動が音子となって結晶の中に伝わりやすくなっています。このため、触ると冷たく感じられることがあります。

そして、油になじみやすい性質、親油性であることから、原石であるのかそうでないのかを見分けるときに用いられることがあります。ジュエリーに加工されたあと、身に着けていると肌の皮脂などの汚れが付着することがあります。このため、付着した油の膜によって光が入らなくなり輝きが鈍くなってしまいます。そのような場合は、洗顔料や中性洗剤で付着した汚れを洗い流すと輝きを取り戻すことができます。水で洗っても大丈夫なのかと抵抗があるかもしれませんが、性質としてはまったく水になじまずにはじく性質があるので安心して水で洗い流すことができます。光学特性として、色はさまざまな色を表すことがありますが、内部の不純物や構造的な欠陥などで結晶構造に欠陥が生じて着色したものが生成される場合があります。純粋なダイヤモンドは無色透明ですが、内部の不純物である窒素元素の有無によって光の吸収スペクトルや結晶の欠陥でタイプが異なります。

PRサイト

どこよりも高く買取、ダイヤモンド買取徹底比較サイト

ダイヤモンド買取電話・メール相談室窓口はこちら

お売り下さい。ダイヤモンド・宝石・ブランドジュエリー