ダイヤモンド買取の知識。保管方法と取扱いに十分注意すること

ダイヤモンド買取の場で、ダイヤモンド買取りの鑑定士や査定員が重視するポイントの1つに、ダイヤの状態があります。購入時に高グレードの鑑定書がついてきたダイヤでも、その後の保管方法や取扱いによって、価値が変わる事もあるからです。ダイヤを良い状態で維持する為には、気を付けるべき事がいくつかあります。

まず、保管方法を工夫しましょう。例えば、ジュエリーボックスを使って個別に保管すれば、他の宝石とぶつかりあったり擦れあったりする事はありません。ジュエリーケースで仕切りを作って別々の仕切りに入れるのも良い方法でしょう。これも宝石同士の衝突や擦れあいを未然に防ぎやすくなります。

ダイヤは地球上で最も硬い物質とされますが、ダイヤ同士で衝突したり、擦れ合ったりすると、ダイヤが欠損したり表面に傷がついたりというトラブルが発生します。そして、ダイヤは硬い物質ではあっても、粘り強さについてはルビーやサファイアに一歩劣るものであり、劈開性という特定の方向に割れやすい性質を持っているものです。この為、ダイヤは「固くて脆い」という特徴があり、ルビーやサファイアとぶつけ合うと、ダイヤの方が割れてしまう事もあるのです。

このように、ダイヤは意外と欠損したり傷ついたりしやすい、繊細な宝石と言えます。ダイヤモンド買取の場でも、ダイヤモンド買取の鑑定士や査定員は、ダイヤの扱いに細心の注意を払っていて、ぶつけ合ったり擦れあったりしないようにしています。保管方法は慎重に検討して、確実にダイヤを保護できる方法で保管しましょう。

また、取扱い方として、油分とホコリに気を付けましょう。ダイヤは親油性という油の付着しやすい性質があります。この為、化粧品に含まれる僅かな油分や、人間の皮膚から分泌される皮脂であっても、汚れの原因になるものです。ダイヤには静電気を帯びやすい性質もあり、ホコリも付着しやすくなっています。

身に付ける時は、化粧を終えてからが原則です。少しでも身に付けたら、その後には洗浄して、油汚れを取りましょう。メンテナンス方法としては、軽く水洗いして、毛羽立たない布でパッティングします。汚れが酷い場合は、歯ブラシや中性洗剤を併用するのも有効です。ただし、ダイヤが外れて排水口へ落ちる等のトラブルを避ける為に、事前準備としてダイヤを無くさないように対策をしておきましょう。

ダイヤモンド買取の場では、ダイヤモンド買取の鑑定士や査定員が、買取するダイヤを細かくチェックしています。痛みや汚れの酷い状態だと、場合によっては査定額に期待できない事もあるものです。ダイヤは一度痛むと元に戻せませんし、汚れも酷くなると取り除きにくくなります。日頃の保管方法と取扱いには十分注意して、ダイヤの価値を高く維持し続けられるようにしましょう。

PRサイト

どこよりも高く買取、ダイヤモンド買取徹底比較サイト

ダイヤモンド買取電話・メール相談室窓口はこちら

お売り下さい。ダイヤモンド・宝石・ブランドジュエリー