ダイヤモンド買取の買取知識。カラーダイヤの賢い購入方法

ダイヤモンド買取の知識には、ファンシーカラーダイヤの賢い購入方法の話もあります。天然のカラーダイヤは珍しいものであり、加工して色を変えたものとは区別して買取する必要があるでしょう。

一般に、ダイヤモンドといえば無色の澄んだ宝石として認知されていますが、ダイヤは意外に色彩が豊富で、様々な色のダイヤが採掘されています。例えば、アメリカのスミソニアン博物館で展示されているホープダイヤもカラーダイヤの1つで、ブルーダイヤにあたるダイヤになります。こうした宝石用のカラーダイヤは採掘量が少なく、それ自体が貴重なものですが、市場にはカラーダイヤと呼ばれるものが意外と多く、比較的安価に流通しているものです。

しかし、ダイヤモンド買取の場で、ダイヤモンド買取の専門家が本物のカラーダイヤに触れる機会はあまりありません。何故なら、市場に出回るカラーダイヤの多くは加工が施されて色を濃くした物であり、中にはコーティングを施して元のダイヤと色の違う偽物であったりするからです。この為、ダイヤ職人のカット以外に手を加えていない、天然のダイヤが欲しいと考えている方は、加工品や偽物を避ける為に賢い購入方法を選ばなければいけません。

カラーダイヤの賢い購入方法として、特に大切なポイントの1つが鑑定書を確認する事です。鑑定書にはダイヤそれぞれの基本的な情報が詳細に記されていますので、これを参考にしてダイヤの真贋や良し悪しを判断すると良いでしょう。鑑定書の基本的な読み方や、書かれている内容はそこまで難しいものではありませんので、事前に勉強をしておけばダイヤの情報を適切に読み取れます。なお、カラーダイヤの鑑定では全国宝石学会の鑑定の信頼性が高く、ダイヤモンド買取の専門家をはじめダイヤのプロからの評価も高いものです。

単純に見た目が気に入ったから、価格が安くて買取しやすいから等の判断で購入するのも悪くありませんが、カラーダイヤの場合は加工品や偽物も流通している現状を考えると、危険性の高い方法と言えるでしょう。気に入った物であれば加工品でも偽物でも構わないだろうと思う方もいるかもしれませんが、加工品は石本来の色ではなく、偽物に至っては粗悪なダイヤを粉飾してあるものです。ダイヤモンド買取で買い取ってもらう場合も、査定結果には期待ができないでしょう。

天然のカラーダイヤ買取を行う時は、加工品や偽物を避ける為に情報収集が必要になります。実際に目で見たり手に取ったりして判断をするのも大切です。手間がかかって面倒と思うかもしれませんが、価値ある天然のカラーダイヤを入手するには、手間をかけすぎるという事はありません。また、慎重過ぎるという事もありませんので、買う前にできる事は全てやっておきましょう。

PRサイト

どこよりも高く買取、ダイヤモンド買取徹底比較サイト

ダイヤモンド買取電話・メール相談室窓口はこちら

お売り下さい。ダイヤモンド・宝石・ブランドジュエリー