ブラジルのディアマンティーナで発見された宝石はダイヤモンド買取店に売れる

ブラジルの南東部のミナス・ジェライス州というところに、バロック建築の建物が有名なディアマンティーナという町があります。 ポルトガル語ではダイヤモンドのことをディアマンティーナといい、18世紀ごろにはダイヤモンドの鉱脈が発見されたために、一時期ではおよそ300万カラットの産出量を誇った時期もあり、世界中のダイヤモンドのうちの多くをこの町で産出していたときもありました。

現在ではダイヤモンドの採掘はされていませんが、18世紀初頭ごろは投資家や採掘者で賑わいを見せていた町となります。 街並みとしてはポルトガルの中世のような雰囲気を持っている町で、1999年にはユネスコの世界遺産に登録されています。

この町は18世紀にポルトガルの植民地であった時代に建設された町で、町の名前の由来自体もダイヤモンドから来ています。 1853年にブラジルで南の星という世界で有名となっているダイヤモンドが採掘され、それが見つかったところの町がディアマンティーナと名付けられてました。

南の星というダイヤモンドを発見した者は女奴隷のローザと言われていますが、実際にダイヤモンドを発見したのはローザの恋人であったマルコスだという説があります。 ローザを自由にしてから2人は逃亡を図りましたが、マルコスは捉えられて拷問を受けたと言われています。

その時点では南の星というダイヤモンドは安値で売りさばかれましたが、その後1867年のパル万博に出展された際には世界的に有名になったと言われています。 このような逸話が残っているほどにダイヤモンドの価値というものは、様々な人の運命を左右してしまう魅力があるもので、高価な価値のあるダイヤモンドの宝飾品の場合にはダイヤモンド買取店で高額な価格で買い取りをしてもらうことができます。

使っていないダイヤモンドの宝飾品がそのまま自宅に眠っているときには、ダイヤモンド買取店に売却することによって、思わぬ大金が手に入ることも十分に考えられます。 近年のダイヤモンド買取店では無料査定のサービスを行っているところも数多くありますので、売却を行う前に自分が持っているダイヤモンドがどのぐらいの価値があるのか調べることが可能です。

ホームページ上に査定フォームが設置されていて、ダイヤモンドの情報を入力することで自宅に居ながら査定を受けることもできますので便利です。 ダイヤモンド買取店に売却を行う前に、複数の買取店の無料査定を受けておいて、どこのダイヤモンド買取店が最も良い値段で買い取ってくれるのか買取価格の目安を比べてから決めることで、より一層高値で買い取ってくれる買取店を見つけることができます。

PRサイト

どこよりも高く買取、ダイヤモンド買取徹底比較サイト

ダイヤモンド買取電話・メール相談室窓口はこちら

お売り下さい。ダイヤモンド・宝石・ブランドジュエリー